FC2ブログ

drop&kick

〜ロックとバイクとだるい日常。〜
みました? 2020.06.05
なんとまあ 2020.06.04
近くにいるっ 2020.06.01
あのひとですか!? 2020.05.31
キャンプの定義とは? 2020.05.29

アメダス

今日は休みで バイクでどっか行こうかと思ってたんすけどねぇ。

20070930170423.jpg


この雨!

いや、別に雨降っててもバイク乗るぐらいできるんすよ?

実際 バイクしか持ってなかった若い頃は
カッパ着て友達と遊びに行ってましたから。

でもほら オジサンもう若くないしぃ、

車乗ってどっか行くかな~・・・・

しかしねぇ、この間の休みにBOOK OFFで 
マンガ本 物色しながらウロウロしてるところを
会社の同僚に目撃されてしまっていたんすよ~


きっとバイクに乗っているところを見られたならば

「おおっ?バイク! いい趣味もってますねぇ。」

という流れになる所でしょうが、


二日酔いの状態で マンガ本売り場を徘徊しているというのは・・・

「うわっ、いい歳して この人 ピピー の ズキューン だよ。」

という仕事の上でも障害になりかねない偏見をもたれてしまうかも!?


え~、という訳で今日は○sutayaに行って映画借りてきました。
(あんまり変わんねーーーーーーー!!)

で、数本借りてきた中の一本に 気になるタイトルがあったんすよ~

その名も


プレスリー VS ミイラ男


うおおおおおお! 見てぇぇぇぇぇぇ!!


よっしゃあ、いくぞー!









すごくつまんないかも知れないと思っても押していただきたい。
  ↓

スポンサーサイト



やれやれ

うぬぬぬぬ・・・・

YOU TUBEってどうやったらブログにはりつけられるのかねぇ・・・

がんばってますけど、どうももう少しかかりそうです。
(知ってる人は笑わないでください)



うぬぬぬぬ・・・・・・






いや、ほんとに こんなで申し訳ないんすけど 押してください。
  ↓

サングラスが欲しい

仕事がおわって いつもの場所に車を置き
歩くごとに近づいてくる我が家。


ああ、ウチのドアを開けると ミーさんが死んでるんじゃ?
と 思いながら行くと、
ちょうど母が玄関から出てきた。



母は言う。


「ミーね、ダメだった。」


オイラは答える。


「そーか。」




定年で家にいる父にその始終を聞いてから物置に行くと
古くてゆがんだ薄い扉を横にすべらせる。

キキキィィィと開けると 

聞いたとおりにダンボールの箱があって
それをあけてみると、ミーさんがいた。


「ははっ、目ぇ開いてるよ・・・・」


母が置いたであろう花につつまれたミーさんの目を
閉じてやろうと試みるが なんだ? 閉じないんだなぁ・・・。


強情なやつだねえ、まったく。


ともかく、


おやすみ ミーさん。


mie.jpg



メキシコでは・・・

アッミーゴー!

実はウチのミーさん、マジ死にそうで~す。



・・・・



おそらく今度こそダメでしょう。




でだ、



メキシコでは死は救いであり ありがたいものだという意味で
ガイコツの置物などが よく飾られているのだそうな。
(情報元ギャラリーフェイク)



この子の娘や息子達は どこそこへ沢山もらわれて行きました。




一時期は総勢12匹いた我が家のネコどもの筆頭たる
肝っ玉かあさんであり
御近所でも評判の俊足はイナズマのようだと評されました。

そしてその美麗な姿を見て うちに来る大人や子供、
その誰もが「かわいいね~」と

文字どうり猫なで声で可愛がってくれました。



心の準備をしておかなければ・・・・







オイラは天国も地獄も無いと思う。

しかし「魂」という物があるのなら

ずっと どこかに在り続けてほしいと願うのだ。

月に吠えよ

アオーーーーン!!


月が! 月があああああああああああ!!



いいっすね。



mangetsu.jpg



一説によると満月の夜は犯罪が多いそおっすよ~?


やっべぇ、なんとなくわかる。


ふはははははははははは!!


危険なのでウチでじっとしていることにします・・・・・






十五夜お月さん見て押して。
  ↓

ギャップ?

オイラが友達に買っていったもののなかで
不評だった物があるんすけど、

それを買うときには

「こ、こいつぁすげー! 絶対あいつ喜ぶぜ!」

なんて思っていたんすけど・・・


え~、ちなみにこういうモノです↓


bl1.jpg


実写のブルースリーがポーズをとって吼えておりまして、
しかも構えたヌンチャクを持った手が
一秒ごとにカチカチと上下に動くのです!

どう!? コレ良いっしょ!?



しか~し、それを見た友人の態度はあまりにも冷たかった。


「なにこれ?・・・・・こんなのいらない・・・・・・」


いっやぁ~・・・・・


その台詞もビックリだったけど、


オイラ的には そーとーなヒットだと思ったんすけどねぇ・・・


どお?










怒りの鉄拳で押してください。
  ↓

・・・・・

は~・・・ひまだ~・・・・


こういうときにカノジョでもいれば暇でなくなるか?
というと多分違うと思うのだ。


このだるい状態を打破すべく車に乗り込んだけど、


20070923230610.jpg



どこへ行こうってんだろうねぇ・・・


オイラ、ドライブって嫌いだし。


結局、本屋とBOOK OFF 行ってマンガ本買ってきて
ウチでゴロゴロしてました。



ちがう・・・・ちがうんだ・・・・もっとやるべきことって あるはずなんだ!



でもでも・・・マンガおもしれ~ うひゃひゃひゃ。





せいっ
  ↓

危険な夜

あ~・・・昔話ばっかりで申し訳ないんすけど・・・


あのねぇ、オイラがバイク便やってた頃、

日によって危険な車が多い日ってのがあったんすよ。


いやマジで。


その理由わってぇと、まあ、オイラの推測では

「風が吹いたらオケ屋がもうかる」

ってアレとほぼ同じじゃあないかっておもうんすよ。




ビッグサイトや幕張メッセでなんかイベントやってる とか




外タレ(海外から来たタレント。今はなんというのか?)が
どこぞでコンサートやってる とか




遠方から来て ぐしゃぐしゃの都内で迷ってる人が多いってのが
ひとつの理由だったりしますが、




オイラの言わんとしている摩訶不思議な現象。




それは、

例えば「寒くて風の強い夕暮れ時」

ナゼかみんなトバしてるんすよ。

車の中は関係ないのにね・・・・



それとか、「日曜日の昼近く」

多くの人たちがイキリ立って走っているんすよ。


 


も~う、プロファイリングの専門家に聞きたいぐらいに
ダレもカレもが危険な走りを町中で繰り広げている日っていうのが
確かにあるんすよ!





細木なんたらに相談したら
霊がウンヌンってぇ言いだすところでしょうけど、






そういうものでない何かがある日ってのを感知できたら
オイラもガッチャンガッチャン事故らないですんだのにな~








今度、ミナミがセナ君に買っていった安産のお守りを買いに行こう。
  ↓

十五夜だよ おっかさん

何のアンケートだったかなぁ。

日本人が一番好きな季節は「秋」だってよ?


さすがはオイラが生まれた季節だけのことはあるアルよ。


しかし、ワビしくサビしい季節が好きだなんて 
日本人は おかしな民族でげすね~。


はい、そんでもって今度の水曜日 9月25日は

「十五夜」なんであります!

えと、何で十五夜って言うんすかねぇ・・・・


しょうがない調べるか・・・


・・・・・ぐおおおおぉ長い、長いよ、この由来については・・・



え~、つまり旧暦の8月15日が 新暦で9月25日にあたるってぇ訳っすよ。


旧暦の秋は7月から9月までで、月の満ち欠けの周期が30日だから
真ん中の8月15日を「中秋」って言ったんだって。



でだね、やっぱ お供え物を子供たちがもらい歩くって風習があって
各地で「細々と」受け継がれているんだそうな。

っておい!

オイラの地区はその細々としている一角なんすか!?




それと、埼玉では十五夜にはナニを盗んでもいいという風習があるそうだ。




よっしゃあ!みんな! 十五夜には埼玉に行こうぜー!!










本当にやったら たぶん朝刊にのっちゃう・・・
  ↓

男の日々

そーだねぇ。

普段の日に周りの人たちが家でナニをしているのか知りたいですよね?


いや、知りたいはずだ!


・・・しょーがねーな~・・・


じゃあ言いだしっぺだからオイラの普通の日の
円グラフをお見せします!


むうぅ、ちょっとまって、今から書くから・・・・

・・・ふう、できた。

こんな感じです↓

en.jpg




・・・・・・学校が仕事に変わっただけで 子供の頃とかわらんな・・・





いいのか35歳!?








なんか、ちょっと凹んだから 押してほしい・・・
  ↓

のりのり

チャリンコバイクにまた乗ってみたいです。

オイラが17歳の時に 
富士山の方の工業団地でバイトしてたことがあったんすけど、

そこのオニーちゃんがバイク好きでねぇ、
古いバイクばっかり工場の裏にゴロゴロしてて
それを綺麗にレストアして乗り回すのを趣味にしてたんすよ。

で、昼休みに一緒に働いていた同い年のツヅキ君って子と
ガラクタの中を探検してたんすよ。

そしたら、中にエンジンのついたチャリンコが!」

「あっ、いいな~これ。 あのー!コレ動くんすかー!?」

工場の中庭でバイクをいじっているオニーさんに声をかける。

「あー、動く 動く、 乗ってみればー?」

とのことなので、二人でそれを引き出して
オニーさんにエンジンをかけてもらった。

ちなみに こういうやつね↓

20070918231739.jpg


工業団地は工場が並んでいる外周にグルッとまわれる道路が
大体1キロぐらいあって、
そこを二人乗りで1周してこようということになり

パィィィィィィィィィィン と 工場から走り出した。


しかしこの乗り物、

エンジンついてるけど おっそろしくパワーねーんだコレが!

しかも二人乗りなもんで、上り坂にさしかかると
失速して止まりそうになるんすよ。


「ぐあーーー!だめだ!のぼらねーー!」

「こいで!こいで!」


そー。コイツにはペダルがついております。


「どりゃーー!」

「おおっ!のぼるのぼる!」


てなぐあいに 白煙を噴きながら走る乗り物で 息を切らして
休み時間のあいだじゅう グルグルまわってました。




原付があり、電動アシスト付き自転車がある現在、

この変な乗り物の価値はあるのだろうか?
と、当然かんがえてしまうところなんすけど。

でも、あれはなんだか楽しい乗り物だったな~。





止まりそうになったら押してください。
  ↓

激・小ネタ 3

朝の出がけにコーヒーを買うため 小銭を用意します。

オイラはいい歳こいて財布という物を持ってないんすよ、

まあ、その理由はアレとして、そう、小銭です。


背の低いテーブルにテレビが置いてあって、
そのふもとに ポケットから出てきた小銭をジャラジャラと
出すのがいつものクセなんすけど。

これがねぇ、小銭ばっかりズンドコ増えてしまうんすねぇ~

で、今日は気まぐれに 増えてしまった10円玉を消費しようと
10枚持って会社に出かけたんすよ。
(会社の自販機は100円)

でも、小銭を次から次へチャリンコ チャリンコ入れるのって
なんとなく恥ずかしいモンすよね、

しかし!ワタシは負けない!

そ~れ、チャリンコ チャリンコ ・・・・・・





あっ・・・・・・一枚 5円玉が入ってら・・・・・・・・





はい!終了ーーーーーーーーーーーーーー!!








あと、人に「10円貸してもらえませんか?」っていえないあたりも
俺っておとなだな~と 感じる瞬間だったりする・・・





オイラの分まで押しておくれ。
  ↓

馬鹿さ加減

オイラはワリと物を大事にする方だと思う。




ウチに帰っていつものようにギターを抱えてビールを飲み、
タバコをくわえて火を・・・あれ?・・・火を・・・


百円ライターをカチカチやってるんすけど、
なんか感触がおかしいし、火がつかないんすよ。


他にもライターはあるんすけど、
コイツのガスはたっぷり残ってるし、
ここは直すべきでしょう?


そんでもって いつものようにばらし始めますと、
おやおや、これはいけませんねぇ、
押すところの部品が欠けていて 電気をとばすスイッチにかかってませんがな。


オーケーオーケー。


チョイと中の金具をドライバーで曲げて
ちゃんと押せるように直せば、



ピンッ



あら?・・・・・何か飛んでったぞ・・・・・・



あららっ?  なんかスカスカになっちゃったぞ!?



どこ!?今飛んだ部品! どこですかーーー!?



しかし、オイラの部屋はディープ・ジャングル。
見失ったものは二度と戻ることはないのです。

そいつがジャングルのおきて・・・・・





はい!終了ーーーーーーーーーーーーーーー!!









たまにマッチとか使ってみるのもいいんだよ。
  ↓

屋根にのぼって

ウチに帰ると、親がなにやら言い争ってます。

「こんなんじゃ、目が疲れてしょうがないじゃない!」

「そんなこと言ったって、昨日だってこんなもんだったって!」


え~、何の話かといいますと、
どうも この間の台風からテレビの映りがわるいんすけど、
何もしない父を母が責めているようです。


あーあー、うっせーなぁ、オイラがやるよ、もー・・・


で、しぶしぶと屋根の上に登ってみたんすけど、

なんか・・・いいねっ・・・・

夕方になって曇っていた空が少しづつ晴れてきて
桜色に焼けた街が遠くまで見えるよ。



「おーい、モンキー持ってくるか? モンキー」

大丈夫、モンキーは足りてます。

そんでもって、ネジを緩めたアンテナをググッと右へ、

「あーダメダメ! 何にも見えないよ!」

んじゃあ、グイッと左へ、

「あ、今 ちょっといい! あ、あ、だめだ~・・・」

え~・・・そんなに微妙なんかい!


屋根の上のオイラと部屋の中でテレビを見ながら大騒ぎする父母と
しばらく そんなやりとりが続きましたが、
結局、「どこが悪いのかわからん!」 という結論に達しました。

あーもう!電気屋さーーーん! なんとかしてーーー!



でも、屋根の上の景色はいいっすよ、マジで
  






押せば明日も日本晴れ。(台風が直撃してても関知しません)
  ↓

あいつの名は

お盆にやってたバーベキューで
焼き網にサカナ系のやつをのせて、あぶりながらチビチビやっとりますと、
オイラの大好きなシシャモがやって来ました。


「これって、本当はシシャモじゃないんだよね~」


そう、たしか違う物だとテレビでは言っていた。


「なんか、ロシアの方で獲れたやつだってけど」


だってけど ってひょっとして方言なんだろか?


「なんつったかなあ~・・・・・・・」


チリチリと焼ける網を囲んで長い沈黙がつづいてしまうのですが、
その間、オイラは悩み続ける。




・・・なんだっけ?・・・ロシアっぽい名前・・・・・



・・・ケ・・・キ・・・キョ・・・・



確かキュベレイみたいな名前だったが、
他の人たちは世代が違うのでそれは言うまい。



カ・・・キ・・・カペリン・・・・



カペリン!



「そう!確か カペリンだ!」



ヤッターヨ! デターヨ!



「そー・・・だっけか?・・・う~ん、そんな感じだったよ・・・」


あらっ? ちがったか?


結局、酔っ払いばっかで どーだかわからないまんま
話は流れてしまいましたが、

後に飲み会の席で 板前のA君に聞くと、

「そーだよ、よく知ってんじゃん。」

とのことで確認取れました。



あと、A君。



コレを教えたのは自分だということを忘れてしまいましたね?




まあ、それはヨシとして、
おそらくオイラは自分でシシャモをたのんで 出てくるたびに

「これ、本当はなんていうか知ってる?」

なんて わざわざみんなに聞いてしまうんだろーなー・・・









即答する人が居たら トテモ クヤシーヨー。
  ↓

めでたい。

お誕生日! おーめーでーとーございまーす!!

パチパチパチパチ!

やー、ありがと、いやいや、どーもどーも、ありがとう。





と、まあ、独りで盛り上がってみましたが、
本日はオイラの誕生日だったんですねぇ。

わたくしとしてはこの日を祝日としてカレンダーに赤い字で
表示してもよいと考えておるのですが、
一体どこに問い合わせればいいのか 今度104番で聞いてみましょう。


しかしアレですね、なんか誕生日って
妙に自意識過剰でソワソワしちゃいませんか?


そんなの誰もしらねーよ!


わかってます。


オイラだって いい大人だ、
英語で言うと ナイス・アダルト!


それでもだ、いつものように顔を会わせる会社の仲間たちと話していると、
ふつーにしてても、微妙にニヤけてしまって
そんな自分がおかしくてさらに口元がゆるんでしまうのです。


きっとオイラは相当こわい顔をしていたことでしょう。


そんでもって、ああ、言うべきか、いや言わざるべきか、

はたまたイワン・レンドルか・・・・・

ああ、言いたい、ダメだ、言おう・・・



「あのさ、今日オレの誕生日なんだよ。」


「へ~・・・おめでとうございます。」


ああ、イカン、ちょっと失敗したかも!?

そーなんだよ、仕事前のこの時間にうかれてる奴なんて
オイラひとりなんだよ!

もう、KYだよKY!(もちろん危険予知のことデスネ)


その後は 誰にもそのことを話すこと無く、夕方まで仕事をして
まっすぐうちに帰りました。

そして、チョッピリ特別なメニューで祝うのでした。

20070910221141.jpg


このね、コーンチップスがうめーんだわ!

あともちろん一番搾りねっ。





お祝いに押していただけると うれしかったりする。
  ↓

たのしい日曜日

え~、どうも。

今日はねぇ、けっこうイロイロやってたんすけどね~


しかも何か撮ろうと思って 一日中カメラ持ち歩いてたんすよ。


え~、しかしだ。


カメラにあったのは 朝、テストした数枚のみでして・・・・


ちなみにこんな感じです。
  ↓
20070909214848.jpg


題 「となりのサトイモ」


いやぁ、自分的には悪くないよ、うん。


ただ、オイラの盛りだくさんな今日の画像がコレだけってのは・・・






ほんと、イロイロあったんすよ(女ッ気は無かった)






さー、次のお休みに向けてワンプッシュ!
  ↓

見なくていいです

ダメデス。

けっこう考えたんすけど、パスさせてください・・・・すんません。

もう一人のオレ

自分の芸名って考えたことあります?


多分、これって子供の頃に自分のサインを考えるのに近いと思うんすけど。


いやぁ、今度オイラねぇ 単独でライヴやろうと思ってるんすけど、
(ワンマンライヴではない。)

自分の本名でない名前でステージに立つってのもいいかな~
なんて思ってるんすよ。



たとえば,エリック・プランクトンとか・・・(絶対いるな)




ラッシャー木村とか




ジャンキー大山・・・とか・・・




変身願望ってやつですかね~、




この感情はきっと「コスプレ」につながっていく
ある種、危険な衝動なのかもしれませんね~・・・




う~ん、マジでどんな名前にすっかな?





昔の名前を隠している人も押してください。
  ↓

夜 行くトコ

これは・・・誰かに話した方がいいのだろうか・・・・

まあ、どこの家でもたいがいあるもんなんすけどね~



オイラのうちのトイレのドアは木目でして、
その模様が子供の頃から怖かったんすよ。


はい、こんなです。
  ↓
20070905212929.jpg


まるで一つ目の化け物がニヤリと笑っているように見えませんか?


見えるでしょ!?





誰でも子供の頃は一人でトイレに行くの怖がるんでしょうけど、
さらに怖さを倍増させてくれていましたよ、コイツは・・・








秋の夜長に怪談ってのもいいっすよ?うひひひひひ
  ↓

激・小ネタ2

小学生の時に、ウサギの飼育係になったことがありました。

一週間ごとに飼育係になる班が変わるんすけど、
オイラの班にまわってきた時に
小屋の中の一羽が 死んでしまってたんすよ。

先生に話した後に グラウンドの脇にある体育用具室の裏に
埋葬することになりました。

目をつぶってグッタリしたウサギをもって2人~3人で
現場に到着。

手に持った小さいシャベルでサクサクと掘ると・・・・


ジュルッ・・・・・


なんだ!?




見ると、もうすでにそこには一匹埋められており
それを掘り返してしまったのだ!!




もう、みんなして大騒ぎでした・・・・・




リアル・ペットセメタリー。





さあ、コレで今夜はあなたの枕元にもウサギさんが!!
  ↓

ちがうのか?

似て異なる物のどれかを選ぶ時、
人は知らずに持っていた自分のこだわりを見つけるだろう。

                 モンキー(1972~3972)


子供の頃から友達と 「似てるよね?」

なんて言ってたんすけど、



あの~、



キリンレモン と

三ツ矢サイダー と

スプライト の


区別ってつきます!?



オイラはジンジャーエール派なんすけど、
コイツも似てますねぇ。




いっぺん、同時に購入して比べてみれば判るかもしんないんすけど、





そんなもったいないことができるかーーーーーーー!!!





ゲホッ、ゲホッ・・・・・・








昔は炭酸飲んでゲップすると鼻が痛くなるので苦手でした。
  ↓

びっくり・・・・

今日はねぇ、友達のうちの娘の誕生日だってんで、

夕方からのバーベキューにお呼ばれしております。



しかしなんだ、誕生日に手ぶらって言うのはまずいねぇ。



なんかプレゼントでも買っていってあげましょう、と
街のおもちゃ屋さんに行きました。

そもそも、おもちゃ屋とは別にゲームショップが
現れてからは、そっちにしか行かなくなりましたから、
ずいぶん御無沙汰なんすよね~

なんとなく恥ずかしい雰囲気の入り口を入ると
やはりなんとなく落ちつかない店内を

帽子を深くかぶったヲタクそうな男がうろつきます。


ぐ~・・・長時間いられない場所だ、やっぱ・・・


その店の奥に、プラモデルの山が昔はあったのだが・・・・



あ、あった!


うわっ!しかもガンプラばっかだよ!すっげーーー!


と、立ち止まって「新しい」ガンプラを端から見ていくと、


あった・・・・・そう、こいつだ・・・・・・



オイラの夢の中に再三出現する、子供の頃に手がとどかなかったアイテム!


MS06-R  ザク (1/60)


ひときわ大きな箱にはザクの絵は無く
アルファベットが羅列してあるだけのヘヴィディテール。
まさしく工業製品然とした 高級感あふれる佇まい!


目を輝かせながら両手でその箱を引き出すと、
やはり昔の物よりずいぶんデカイ。


こ、これが・・・・ザク・・・(あったよね?この台詞)



箱の四方を回して見るのはもちろん 値札を探すためだ!
(もう 買う気マンマンであります)



あった、




¥12600




せん・・・ちがう・・・・





買えねーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!






ああ、1/60ザクよ お前は やはり手のとどかないものなのか?







悲しみを超えて押してください。
  ↓

エヌエチケーがキライ

我が家の朝は エヌエチケーから始まる。

それは何故かというと、

ウチの親父がねぇ、昭和な人だからですよ。
(この説明で伝わるだろうか?)


まあ、朝はどこのチャンネル回してもニュースばっかなんすけどね。



しかし、それでも我が家では昔々から父親権限によって
朝は「エヌエチケー」なので
特に気にせず、いつも飯を食いながら見ていたのだが、

ある日、事件が起こったのだ!!

いつものように出勤して、仕事仲間と話していると

「死んじゃったな~、チョーさん・・・」

と、一人がこぼした。





え?





どのチョーさん!?





「チョーさんだよ!いかりや長介!」





オイラの背景が真っ白になった!





「い・か・り・や・長介・・・・・・・いつ?・・・」




「もう、おとといぐらいのことだよ! ナニ言ってんだよ!」




なんだと・・・なんだって・・・・・聞いてないよ・・・・・・・・




おんのれエヌエチケー!!




それ以来、今までドーでも良かったエヌエチケーが
大ッキライになりました!!




そして今、親がつけているテレビのチャンネルは
エヌエチケーであり、

若者を対象に 



「親友の条件とは何か?」



という お題でインタビューしているのだ!!





この・・・・うんこ野郎・・・・・・・・・







オイラは馬鹿なマンガ野郎で十分だ。
  ↓