FC2ブログ

drop&kick

〜ロックとバイクとだるい日常。〜
みました? 2020.06.05
なんとまあ 2020.06.04
近くにいるっ 2020.06.01
あのひとですか!? 2020.05.31
キャンプの定義とは? 2020.05.29

ふふふのふ

ikku1.jpg


今シーズン初の蚊取り線香をたいております。

すきだな~このにおい。

たぶん それは小さい頃からすりこまれてきた
夏休みの記憶に由来するところが大きいとおもわれます。

このにほひを嗅ぐと それはもうパブロフの犬状態で

胸の中に楽しいことや、幸せなきもちが だくだくと
あふれ出てくるからに違いありません!

でも、そんなこと どうでもいいんです!

なんだか オイラはうれしいぞ~!

いやっほ~う!

あ、HPの音のページ更新しました。聞いとくれ。

http://drop-kick.sakura.ne.jp/



スポンサーサイト



月に願いを

20060629193841.jpg

今、月の土地を売り出しているらしい。

2000年以前から言われていることなんだけど、
所有権って一体誰が決めたんだろうね~・・・

でも、オイラとしては すごく欲しい!!

そして望遠鏡で見えるぐらいに巨大ないたずら書きをする!

たとえば・・・・「うんこ」 とか・・・


ザリガニの夏

田中君と会って話していた。

山側の木の枝に大きな泡のかたまりを彼が見つけて、

「おおっ?モリアオガエルのタマゴ?」と、

オイラも見上げて

「いやぁ~、そいつはどうかな?でかいカマキリの卵かもよ?」

泡はソフトボールぐらいある。

「いや・・・でかすぎだろ・・・」

「でも いたらスゴイだろな~ 巨大カマキリ」

人の身長ぐらいあったら ショッカーの怪人のようだ。

どうせなら、カブトムシやクワガタのでかいのがいたら高く売れるだろうか?
しかし 1メートルもある奴なら相当な猛獣である。

「でも、世界最大のザリガニって70cmぐらいあるらしいぞ?」

「マジですか!?・・あ、でもなんか 体、弱そう。」

「いやいや、がっしり してたぞ?あのままの形でデカイ!」

「おおお!?見てーーー!!」

でですね、ネットで調べました。

な、な、な、なんと 最大で90センチ!! 


zari2.jpg

ぐおおおおお!! きやがった!!


zari1.jpg


こいつぁ すげえモンスターだ!!


しかし、調べるうちに この間「世界ふしぎ発見」で やっていたということだ・・・

しまった、時間差で もりあがってしまった・・・

グレイトフル・デッド

今日はね~、母方のばあちゃんが死んじゃって、
お通夜にいってきました。

これでオヤジの両親、お袋の両親、全滅です。

オイラは薄情なのか 悲しくもなんともないのです。

久しぶりに会えた仲の良い親戚たちと笑いあい、一杯やって帰ってきましたが、

死んだばあちゃんに対して思うことは・・・え~っと・・

正月にお年玉もらったり、夏祭りの日にスイカ食わしてもらったり、
その程度で、あまり人格やら私生活に関しては関心がなかったからな~

そのばあちゃんは85年生きて死にました。

彼女の少女時代は昭和の初めごろで、結婚したころは第二次世界大戦、看護婦として働き、高度経済成長の中で3人の子供を育てたのだ。

この濃密な時代に生きた彼女の記憶を聞くことはとうとう無かったような気がする。

もったいね~







至福

20060624193613.jpg

バイクに乗らない人にはきっと伝わらない。

初夏の晴れた空の下を走り続けていたいんすよ。

目から炎を出しながら攻めるばかりでなく、

木漏れ日をくぐりぬけ丘を駆けあがり、そして すべり降りる。

30過ぎたオッサンをポエマーに変えてしまうほどその景色や心地良いスピード感は何にも変えがたい財産なんだよ~~~~

とけてます。

それは田舎だから。

ちょっと前、朝早く出かけた父が家に電話をかけてきた。

何事かと母が出ると、

「おい、バイパス出た所にキツネが死んでるぞ」と、

母も出がけで急いでいるので半ギレで

「そんなん事で電話すんじゃないよ!」ガチャン!

う~ん、まあ、キツネじゃ 珍しいからねぇ・・・

いや本当に珍しいよ、オイラも地元じゃ見たことないよ?

しばらくしてからオイラが出かけるときに どらどら?と、
父が言っていたポイントに行くと・・・

なにやら轢かれて横になっている けものがおるわいな。

こげ茶色のボデーに太い尻尾、足先と目の周りが黒くて・・・・

「コレワ たぬき デスヨ!おとうさああああん!!」

朝から誰も居ない田舎道でツッコミの雄叫びをあげてしまいました。

たしか

子供のころに 学校の図書室にあった「トム・ソーヤーの冒険」って
読んだことがあった、文庫本サイズのうすいので、1日で読んじゃった、続編がいくつか出ているはずだけど さいしょのやつ。

内容は忘れちゃったけど 登場人物の呼び名は愛称で本名がちゃんとあると知って複雑な気持ちになったのを覚えている。

まず「トム」はトマス・ソーヤー 猫のトム君はきっとトーマスなんだろーねー

で、「ハック」は ハックルベリー・フィン 有名ですね、

問題は「ベッキー」本名は レベッカ・サッチャー! なんとも いかつい名前だったんですね~

テレビに あの「ベッキー」が出てきたとき 彼女の本名もレベッカなのだろうか?とも考えたが 調べるのめんどくさいので 知らない。

うむ。

2006-6-20.jpg

友人がワイハーから帰ってきた、おかえり~。
今度いっぱいやりながら 話し聞かせておくれ!

いいな~オイラまだ一度も飛行機乗ったことないよ。

さて、地べたを這いずってるオイラは 今日は元バンドのドラマーのノラと家でギターをテケテケやる予定でしたが、
朝方、同級生の田中君より電話があり 話の流れで合流。

じゃあ ノラと3人でギターを弾いて騒ごうよ(なんだそれは?)と 
おいらが持ちかけて六畳間で二人してゴロゴロしていたが 一向にノラからの電話が無い、う~ん、まだ朝早いからな~。

経験からして、暇人を何人集めてもヒマだということを知っているけど
どうしたものかと相談した結果、

「よし、DVD借りに行こう。5.1chの威力を見せてやろう」

などと得意気に一万円チョイのサラウンドシステムを自慢しつつ レンタルビデオ屋へ行って迷路の中をぐ~るぐる。

すると田中君が「trick2観た?」と聞く。
オイラは観たけど あれ面白いよ~と吹き込むと、

「う~ん、行かない?(劇場へ)」

「ええっ、俺、2回目?」

まあ、たま~に 2回以上観る映画ってあるけど、
オイラまだ一週間たってないし・・・

彼は携帯でピピッと調べると上映時間を調べ、今の時間と照らし合わせるとギリギリで観れそうな回がある。

なんつうか その、ギリギリっていう奴に影響されてか 突如としてオイラも2回目見たくなっちゃって、

「いよし!行くかぁ!?」

と、なりまして ノラに電話する。

「・・・ごめん・・・今日、田中君と映画見に行くことになっちゃって」
まるっきり言い訳になってません!
マジでスンマセン!

てなわけで映画館へすっ飛んでいく。

「オイラがチケット買ってる間に食うもの買っといて!」

「駐車場ついたら俺、先におりていくよ」

てな風に子供のような打ち合わせをしつつ到着。

駐車場に車を停めて 5階までエスカレーターをガンガンと駆け上がり
劇場へ走りこむと、5分位 話は進んでいた。

真っ暗な席の番号を目を細めて探し当て、

買ってきたポップコーンをバリバリ食べながら
野郎二人で並んで観ました。







 


とりあえず走れ!

朝、くもり空を障子の穴からのぞいてモゾモゾと起きだした。

昨日は日曜日で陸運局が休みのため、名義変更をすることができなかった、なによりも雨が降っていたので 手に入れたばかりのバイクを濡らしたくなかったのだ。

時計を10分おきにチラチラ見ながら貧乏ゆすりが止まらないでいた。

くそっ、まずは住民票をとるために役場(役所ではない)へ行かなければならないが 9時にならないと開かない、その次は陸運局へ行って・・・

え~、まあまあ、一連の手続きに半日かかったわけですよ。

そして手に入れたナンバーがコレ↓

20060620072710.jpg


あえて指定ナンバーではない。(こだわり)

いや~、走ったねっ、富士山こえて戻ってきて、朝霧高原を上って本栖湖畔をまわって、
身延から52号を通って帰宅。(地元でないひとスミマセン)
約200キロ走って 昇天。

ドカは細かいコース苦手だって聞いたけど、曲がるじゃん、ちゃんと。

写真は本栖湖。


20060620072731.jpg


押してUターンしようとしたら 危うく立ちゴケするとこだった。

そうそう、ハンドルきれないんだった、アブネ~。

キターヨ!

20060617150319.jpg
来たあああああぁあぁ!!
ついにこの日が来てしまいました。

手に入れましたドゥカーティ。

東京都在住のyachi様から譲り受けました、

公園わきの歩道で現金の入った封筒と諸々の書類を交換している様は
さぞ 人目に怪しかったろうとおもいます。

車体について 一通りの説明を受け、オフロード用のジェットヘルをかぶり それでは、と、出ようとしたその場で

スコン。

と エンスト(猛烈に恥ずかしかったです)

クラッチがもうじき交換の時期だと聞いたばっかりだったけど
こんなに微妙で扱いづらいとは・・・

ヘルメットを買いに上野まで行く予定だったのだが、
コレは まずい、渋滞だらけの道中を考えると
無事にたどり着けるか 怪しいもんだ。

や~めたっと

あっさり ヘタれてそのまま高速に乗り 静岡までひとっ飛びじゃあ!

乗ったと思ったら す~ぐに富士まで着いちゃった、

あれれ!?900ccってこんなに楽なの!?

というのが感想です。

さてだ、これからの課題としては 低速でもちゃんとコントロールできるように慣れないと、
ドゥカティが街でヨタヨタ走ってたらかっこ悪いじゃん!

あした

急遽、明日、ドゥカティの現車を確認するために
東京まで行く。

バイクの免許をとってから十数年、しかし、バイクを引き取りに行くのに こんなに緊張するのは 初めてのバイク以来のことであろう。
(ちなみにRZR250)

オイラの思いはネガティブな方向にひろがってゆくばかり、

もしも 目の前にしたバイクに失望してしまったら?

もしも 乗ってみて噂ほどの気持ちよさを感じなかったら?

そして たぶん訪れる数々のマシントラブルに嫌気が差してしまったら・・・

手に入れてから考えよう。

なによりも今は、あの真っ赤な ドコドコいうイタリアのバイクに乗りたくて仕方ないんじゃあああああ!!

真っ赤な あいつ

ドゥカティを見に東京に行く。今度の日曜日に。
ああ、心配だ~不安だ~
オイラをがっかりさせないでおくれ、
十年以上まえの単車の状態を想像すると
買う決心がまた鈍ってしまう。

当たって砕けろだあああ!

・・・いや・・砕けちゃまずい・・・

話は変わるが 前回書いた「レイコ」さん
調べるほどに すごい人だということが判ってきた、
バイク乗りとして 尊敬してしまいます。マジで。


砂漠の夢

以前、日曜日にやってるエンジョイDIYの中で
メインキャストのレイコさんなる人が
家にあるアフリカ大陸の形をしたテーブルの
リフォームのようなことをする といった企画で

テーブルには一本の線がくねくねと刻まれており
それが何か尋ねられると

「これは あたしがパリダカールラリーで走った道なの」

なんですと!?

パリダカ!?

聞きなれてはいるけど・・・

あれって 砂漠のなかを毎日、毎日、何百キロも走って、
しかも それが3週間ぐらい続くっていう
マジで死人が出るレースなんすよ!?

おいおい、そんなに簡単に出られるんじゃ オイラもアタックしてみるか?
ネットでその辺のことを検索してみる。

すると やはりレースは過酷で国内のレースや他の国外のラリーなどの経験を経てから挑む方がいいらしい、うむ、そして なによりも このレースに必要なものは「金」であると、むむっ?
いくら位かかるのかと さらに調べてみると・・・

約、500万円ぐらい・・・・・・・・

見ただけで挫折してしまった・・・ちくしょう・・・。

ロックとは!?

先日、友人の家で「アイデン&ティティ」
という映画を見せてもらった。

一曲売れたバンドのギタリストが
ウチに現れたボブ・ディランの幻とともに真のロックを目指す
というストーリーなのだが、

主演が元ゴーイング・スティディ(現 銀杏BOYS)の峯田君ということを
エンドロールでようやく知った。

ウチに帰ってから
たしかサンボマスターの山口と対談した記事があったな~
と 枕もとの雑誌の山を探ると・・・
ありました! すぐに!

去年の7月の「bridge」

記事を読み返すと、
「俺達ってなんでモテないんだろうな?」
「そうそう、打ち上げにファンの娘が来るっていうシステムがわからないよ。」と、

ライブが終わってから普通に居酒屋で熱く音楽論や くだらないバカな話をしている彼らを想像していると
なんだか仲間に入りたくてたまらなくなる!

あー、俺、もうちょっとガンバロー。





裏技

袋のチキンラーメンを どんぶりに入れ
水で薄めた牛乳をわかして 注ぐと
とんこつ風味になる。

いや、マジで。

長い一日

20060608224609.jpg

今日はノラとバイクにのりました。

つかれたです。

アップ

20060607221647.jpg

東北弾丸ツアー 第三部

アップしました

ぜひ 御一読を。

明日はノラと走りに行くんだけど天気はどうなんだろうね~?

http://drop-kick.sakura.ne.jp/tdt3.htm

またかよ

今日はまた 映画みてきました。

「ポセイドン」

昔のポセイドンアドベンチャーのリメイクだそうで、でも
今やってる中じゃ見たいほうかな?

という軽いノリで見に行った、しかも 余裕ぶっこいて
上映時間ぴったりに現地到着。

・・・と思ったら駐車場がどこも一杯で 最終的にタワーの駐車場の最上階に停めて ダッシュで映画館のフロアまで!

十五分遅れでチケット買って、ポップコーンとホットドッグと・・・

劇場の重い扉をドンと開けてかけこむと、

ふぅ~・・・
良かった、まだ船ひっくりかえってねーや。

カメラが無い

兄貴が所有するレーシングカートを売り払うため
御殿場のカートレースやってる所へ行ってきた。

すると今日は丁度 決勝戦で本気レースが催されていたのだ!

あんまり興味なかったけど 折角だから見てゆこうということになり
パドックの二階へ上って待つこと5分、カートがグリッドに運び込まれて、一緒に選手がリンクに歩いてくる。

ヘルメットと肩幅がおなじぐらいの子供達が親に連れられて
トコトコ出てきた。

あー、jr.クラスから やっていく訳ね?

と、スタートの瞬間を待ちながら、
いやいや、子供だからといって あなどってはいけない、
決勝まで残るだけの経験と実力を備えているに違いない!・・と、

驚かないように気を引き締める!
(オイラが緊張する必要はないんだけど)

スタートすると 早い奴、遅い奴の差は歴然!、マシンの性能は元より
気迫の違いが、幼いながらにあるのだと気づかされた。

速い連中は それはもう速い速い!

他を押しのけブッちぎってゆく恵まれた才覚とマシンを持つ選手、
しかし オイラとしては嫉妬をおぼえて相手が子供でも 
そんな奴に勝って欲しくない!!

周りの熱狂的な親たちに 引きつつも

いけぇ! まけるなぁ! いけぇ!

と、声を上げてしまった。

やっぱ本気モードの争いって 心ゆさぶられるよね。

ブラザー

兄がXJR400を買った。

愛知の蒲郡から数時間かけて夕方に家に着くと、
丁度、家族全員がそろったところで、
ワサワサとそれぞれに庭に出てきて兄貴のバイクをながめる。

父「おおう、でっかいな~お前のよりでかいんじゃないか?」

俺「うん、でかいけど俺の方が排気量がある(強く主張)」

母「ま~た、そんな物買って・・すぐに乗らなくなるよ?」

兄「・・・」

兄は以前TZRを買ったその日に派手にコケて乗らなくなった
前科もちだ。

その後に兄貴が買ったNSR80はオイラが事故って
あの世に送ってやった。(大反省)

しかし、よくこちら側へもどってきた・・・
うれしいぞ!ブラザー!

発見

昼ぐらいに表を歩いていたら 思い出した、
たんぽぽ って英語で「ダンデライオン」
って言うんだよね~。

黄色い花を横目で見ながら
松任谷由美の曲って聞いたことないけど
ストーンズのあの曲のカバーなのかな~?

などと頭の中でブツブツ言いながら通り過ぎた。

ウチに帰ってきて何気なく見ると
花が見当たらない。



よーく見るとなんと 
タンポポの奴 花を閉じてやがる!

そうだったのか・・・

判明

わかりました。

オイラの腹は丈夫です。

それとも 本当にヨーグルトになっていたんだろうか?

健康万歳!!

今しがた

2006-6-1.jpg

ついさっき 飯を食ったときに
冷蔵庫にあった豆乳をマグカップに注いで
グイッとのむと
それはまるで ツブツブゼリーの入った
すごくすっぱい ヨーグルトのような味で
即座にはきだした!

が、

すごく のどが乾いていたため 
一口 ごっくりイってしまった後だ!

は~ オイラの腹の丈夫さを信じよう。

2時間後に御期待ください。

やっとこ

アップします。

つかれた。

http://drop-kick.sakura.ne.jp/tdt2.htm